品川近視クリニック クーポン

エキシマレーザーの開発が進む

1985年、ロシア、アメリカ、ドイツなどでエキシマレーザーが開発されました。エキシマレーザーは角膜に熱を与えずに形状を加工できるため、現在でも屈折異常の手術には欠かせません。エキシマレーザーのお陰で、ミクロン単位の正確さで生体組織の切開や切除ができるようになりました。

1988年、エキシマレーザーを角膜表面に照射するPRKが、アメリカで初めて施行されました。角膜を切開するこれまでのRK方式よりも、精度の高いPRK方式が主流となりました。しかし、手術後に痛みがあることや、削った角膜が再生するために視力が安定するまでに時間がかかることがネックになっていました。

この流れを受けて、レーシック(LASIK)が誕生します。

品川近視クリニックのクーポンは携帯があれば1分で入手できますメニュー