品川近視クリニック クーポン

ギリシアでレーシック(LASIK)が誕生

1990年、エーエルケー(ALK)の流れを受け継いで、

ギリシアでレーシック(LASIK)が誕生します。エーエルケー(ALK)はマイクロケラトームという器具を使って角膜にフラップを作り、再度マイクロケラトームで実質層を削る方法ですが、二度目の工程をエキシマレーザーで行う治療法がレーシック(LASIK)です。

レーシック(LASIK)はブラットとファリカリスによって、ほぼ同時に考案されました。ただ、2人の方法には違いがありました。ブラットの考案したレーシックは、切り取ったフラップの裏側の実質層にエキシマレーザーを照射する方法です。ファリカリスの考案したレーシックは、フラップの一部を切り取らずに残してめくり上げ、実質層にエキシマレーザーを照射する方法です。

1995年、FDA(米国食品医薬品局、日本の厚生労働省あたる機関)がエキシマレーザー治療 による矯正手術(つまり、レーシック)を認可したことから全米に爆発的に広がり、世界にレーシック(LASIK)が広まっていきます。

2001年1月、日本でもレーシック(LASIK)が厚生労働省から認可を受けたことからレーシックは急速に普及し、現在では単なるレーシック手術の他、それぞれの患者に合わせてレーザー照射プログラムを変更するウェーブフロントレーシック、角膜の薄い人向けのエピレーシック、エキシマレーザーよりも精度が高く安全なイントラレースFSレーザーを使ったイントラレーシックなど様々なバリエーションが誕生しています。

品川近視クリニックのクーポンは携帯があれば1分で入手できますメニュー