品川近視クリニック クーポン

フラップの厚みがレーシックより薄い術式

1999年、レーゼック(LASEK)がアメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS)でイタリアのマスメオカルメラ医師によって発表されました。

レーシック(LASIK)は160ミクロンの厚さでフラップを作りますが、レーゼックの場合は50ミクロンです。これは角膜上皮質の厚さと同じです。この薄いフラップをめくると、下のボーマン膜が現れます。レーゼック(LASEK)はボーマン膜からエキシマレーザーを照射するため、術後は数日間痛みが続きます。また、強度近視には不向きであり、まれに角膜混濁が生じることがあります。

レーシック(LASIK)では角膜実質を削るので、ボーマン膜と角質上皮質は残ります。しかしレーゼック(LASEK)では、ボーマン膜がエキシマレーザーの照射によって失われてしまうため、表面が緩んでしまいます。このため、レーゼック(LASEK)はあまり行われなくなってきました。

品川近視クリニックのクーポンは携帯があれば1分で入手できますメニュー