品川近視クリニック クーポン

マイクロケラトームの欠点を解決

レーシック(LASIK)に用いるマイクロケラトームには様々な種類がありますが、その多くはブレードを往復運動させてフラップを作ります。プリンターのヘッダーがプリント用紙を往復しながら文字や画像を描いていくのと似ています。

マイクロケラトームの欠点は、角膜の形状によっては、フラップの厚さが一定になりません。また、ブレードの往復運動によって、フラップに微細なスジが残るため、夜間には視界が悪くなるウォッシュボードエフェクト(洗濯板光景)という現象が起こります。

これを解決するために、様々なマイクロケラトームが開発されました。しかし結果はどれもイマイチ。そんな中、レーザーによるフラップ作成技術が開発されました。その開発に成功したのがイントラレース社です。イントラレース社(INTRALASE)によって開発されたレーザーをイントラレーザー、イントラレーザーを使うレーシックをイントラレーシック(INTRA LASIK)と呼ぶようになりました。

従来のマイクロケラトームで作られるフラップの厚さは160ミクロンですが、イントラレーザーは100ミクロンの薄いフラップを誤差もなく精密に、滑らかに作ることができます。この精密さと滑らかさがイントラレーザーの特長です。

品川近視クリニックのクーポンは携帯があれば1分で入手できますメニュー