品川近視クリニック クーポン

イントラレーザーは薄いフラップを作ることが可能

角膜実質を削るとき、眼圧への悪影響を避けるために、最低でも250ミクロンの厚さを残さなければなりません。

エキシマレーザーの照射で削られた角膜面から内皮までの部分を角膜ベットといいます。
角膜の厚さは平均で550ミクロンです。

従来のマイクロケラトームで作るフラップの厚さは160ミクロンなので、フラップをめくった角膜の厚さは390ミクロンです。
250ミクロンのベットを残すためには140ミクロンの範囲内でしか角膜を削れません。

一方、イントラレーザーはフラップを100ミクロンの薄さで作ることができます。

レーシック(LASIK)ではフラップの一部を切り取らずに残しておきますが、この部分と切られたフラップ面との固着力の差によって角膜の形状も変わります。

フラップが厚いほどこの誤差が生じるので、フラップをできるだけ薄く作ることが重要になりますが、イントラレーザーはそれを実現しました。
また、イントラレーザーではウォッシュボードエフェクトも起こりません。

品川近視クリニックのクーポンは携帯があれば1分で入手できますメニュー