品川近視クリニック クーポン

症例数3000以上が最低ライン

近視治療の病院選びの一番のポイントは、症例数です。

最低でも3000例以上の実績がないと、専門医だとはいえません。

病院の情報は、ネットの口コミで必ず広まります。

費用も気になるところですが、高くても確かな技術でレーシックを受けたいものです。
確かな技術を持った医師の元に患者さんが集まるのは自然な原理です。

インフォームドコンセント

情報公開は、インフォームドコンセントの基本です。

今までの症例数はもちろんですが、術式の違いによる視力の回復率、再治療の割合、
手術中の映像、使っている機器の長所・短所など、メリットやデメリットまで包み隠さずに公開している病院は信用できます。

また、その病院の院長の著書を読んでみることもお薦めします。
「クリーンルームで手術を行います」と謳っている病院もありますが、手術室がクリーンであることは当然です。

情報の玉石を見分けるためにも、まずは専門医によるレーシックに関する著書を一通り読むことをお薦めします。

執刀医がメガネ・コンタクトをしていないか

執刀医自身が近視・乱視・遠視だった場合、彼自身がレーシックを受けているべきです。

レーシックを受けるために病院に行ったら、そこの医師がメガネをかけていてはおかしな話です。
見落しがちですが、レーシックの病院選びの重要なポイントは、執刀医自身がメガネ・コンタクトをしていないかです。

高須クリニックの院長だって、美容整形を自分の息子に執刀させています。

品川近視クリニックのクーポンは携帯があれば1分で入手できますメニュー